読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

ストロークの果樹園

心理学を習い始めたのは約6年前
習ったことについて、
みんなの前で説明する授業がありました。

その頃、毎日が辛くて長かった~(T-T)

子どもと夫、二人ともが学校や会社の人間関係で
苦労していると私には見えて、
理解されない二人の辛さを背負って、
私が頑張らないと!と、でもどうしていいか分からず、
闇雲に頑張って、私も理解されず辛かった。

自分にも周りの人にも何が必要なのか、
どうしたら幸せに暮らせるのか、毎日毎日
考えていたんです。
(スピ大好き人間だったので、瞑想も毎日やってましたが)

その頃、ふと思いついた例え話です。
交流分析ストロークについて書きます。


∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞

ストロークの果樹園

ストロークって人間が生きていく上で
とっても大切な
その人の存在を認める言葉かけや仕草のこと

心の栄養

不思議で素敵な果実のようなものです

撫でられる
抱っこされる
守られる
分かるよって言われる
大好きって言われる
一緒に笑える

そんな心が温まるものはプラスのストローク
この素敵な果実は食べて楽しんだ後
種が必ず樹に育ちます

育った樹は実をつけます
この実をみんなに分けて
一緒に楽しめるのです

子どもの間にたくさんの素敵な果実をもらうと
その子は楽しい気分で生き生きとしています

だから少々のデコボコ道や
悪天候でもへっちゃらです

果実を育てる養分や水は
一つ一つの体験や
体験で湧きおこる感情を
十分に味わうこと

辛い体験や感情も十分に味わうことで
養分になるのです

巣立つ頃には立派な果樹園の完成です

また、素敵なストロークの果樹園は
大人になってからでも作ることが出来ます

果実は人に欲しいと言って貰っても
味も質も落ちません

自分の樹の果実はいつでも食べられます
「玄関のプランターに花を植えたの、どう?」
「自分で作ったお弁当が一番!」
気軽に使ってみるだけで果樹園の樹が
増えます

そして、良い果樹園を目指すなら
大切なのは人から貰った果実の選定

見るからに美味しくなさそうな果実や
虫付きの果実は棄てて下さい
心が温まらないストロークは受け取らないこと

みんなが心に果樹園にちょうど良い土地を
持っています

素敵なストロークの果樹園をつくって
お腹いっぱいになりましょう

∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞♡∞


辛すぎる環境の時って、良いと分かっていても
ストロークがうまく使えなかったりもしました。

そして苦しくって、誰かのアドバイスなんか
何にもならない!って
そんな辛さもあるんだと体感しました。

その頃、本当に辛い人を救う
ちょっとした偶然で必然のきっかけは、歌だ!
と気付いたり、本当に何が良いのか探していました。

あの頃、闇雲に頑張っていた自分をハグしたい。

余程必死に頑張っていたのだと思う。
普段使わない「!」この文に何個使ったでしょう(;^_^A
読み直して、始めからえらい暗くなってしまって
あらあら…と思っています。

でも、リアルに表現出来たようにも思う。

その後、心理学を学び続けて、
カウンセリングも受けて、自分が楽になって行ったら、
子どもと夫も、辛いだろうと私が感じる状況から
抜けていました。

そんなことや、小さい頃からのことも含めて、
ご紹介出来たらと思います。(^_^)/

広告を非表示にする