読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

私のプロセス【2'】おまけ

実践型カウンセリングスキルアップ講座の後、カウンセリングを受けました。

お腹の中から「私のことを聞いて」と何回も言われたからです。

カウンセリングでお腹の中の声とお話しすることにしました。



∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆


注: 「」の中の言葉お腹の中の声
カ カウンセラーの言葉
ク クライアントの私の言葉

ク あなたは誰?
「私はあなた。私は本来のあなた。あなたは私の言葉を聞かなかった」
ク あなたはあんまり話して無かったでしょ。
「聞いてくれなかったから」
ク 本来の私が何をするために生まれたのか聞きたい。
カ そう言うとどんな感じがする?
ク 怖い 肩がこわばって手がしびれる。
カ そう。じゃぁ、怖さを出そう。(怖さの感情処理をする)もう一回言って。
ク 私は本来の私が何をするために生まれたのか聞きたい。
カ そう言うとどんな感じがする?
ク お腹がフワッと膨らんでいい空気がくる。気分いい。
「あなたは感情を使いこなすことを、みんなの幸せのために広めるために生まれた」
カ それを聞いてどんな感じがする?
ク みんなのために自己犠牲をはらうのは嫌です
「みんなのために自己犠牲をはらったらみんなが幸せになれないのでそれはあり得ない」
カ じゃぁ、これはあなたが握りしめて放してしていない自己犠牲。これはどう見える?

注: クライアントは前回、手放そうとして、頑張っても手放せない心理ゲームや操作性のようなものがあった、それに付きまとわれて困っていた。

ク 赤くて燃えているような煮えているように見える。
カ それは本来の自分でないことに怒っている怒り。
カ では、それを抱き締めてみて、それなんですか?
ク 大きな岩です。
カ なんキロくらいの?
ク 40キロくらいの。
カ それを手放したらどうなるの?
ク 誰にも助けてもらえないし愛してもらえなくなる。
カ そうなの?
ク そんなことない、その人たちとはちがう人たちがいる。
カ じゃぁ、その岩投げてください。
ク え~。重いよ。
カ うん。思いっきりやって。
ク (岩を思いっきり投げる。)
カ 私は本来の自分がしたいことをしますって言って。
ク 私は本来の自分がしたいことをします。
カ どんな感じがする?
ク おえってなる。
カ はい、じやぁこれ、おえってなるもの。どう見える?
ク 泥水。
カ それを手放したらどうなるの?
ク 仲間に入れない。
カ 何の仲間に入れないの?
ク 日本人。
カ 手放さなくていいですか?って聞いて。
ク 手放さなくていいですか?
カ いいですよ。どんな感じがする?
ク おえってなる。
カ じゃぁ、思いっきり投げてください。
ク えいっ。(投げる)
カ どうですか?
ク すっきりして、ほっとしました。


∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆∞☆


実際はもっと長いけど、わかりやすく省略しています。
そう言えば、心理学に関わり始めた頃、気功や中心道を教えている荒井義夫先生の荒井塾に通ったことがありました。
そこで、瞑想や呼吸法を習いました。
途中でお腹にフワッといい空気が入って気分が良くなったのは、荒井先生が教えておられ呼吸法なのかもしれません。当時は全然でした。
荒井先生が出しておられる、宇宙の光というDVDは、早川みどり先生がカウンセリング中に見た宇宙の始まりと同じ光景なのかもしれませんね~。
長~い、おまけでした。