読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

私のプロセス【5】スピ本

この際だから、長~い期間お世話になっているものを出しちゃおぅ!

基本的に本が好きです。
忘れていってしまうのですけど、情報が入って出て行くというか流れているのが好きです。

私の父は戦時中に一番辛かったのは、本が読めなかったことだと言っていて、本だけはいつでも何冊でも買ってやるって人でした。(生きてます)

両親の中で、本が好きって言うことが、私の長所とされていたのです。

今はネットの方が早いので本は学術書で調べる時だけです。

前に私が最初に精神世界の本を読んだのは、アトピーがひどいときだったと書きました。

その時の本が、"聖なる予言" でした。

不思議な世界は好きだったので、SF小説は読んでいたけれど、これは何なの?
フィクション?ノンフィクション?私小説

面白過ぎて、友だちに勧めてそれについて長電話したり、盛り上がってました。

続編も読んで、ワクワクしてました。

それでもまだ話題の小説を読む機会の方が多かったです。

そうしているうち、日々のストレスのせいか、アトピーが良くなってきて緊張がほどけたのか、どんどこ暗くなっていきました。

アトピーが良くなって鬱に!?
自分でも予想してない展開、でも驚いてみんなに報告する元気が無い…

いつの間にか本屋でふと手に取った"チベット死者の書"に安らぎを感じる様になっていました。

ヤバイ、何か自分ヤバくなってる。
死ぬってことに安らぎ感じてない?私…

職場と家族に知らせて自宅療養させてもらいました。

その後、回復するまで、本は読めませんでした。

本が読めないので、ずっとお家でオリンピックの放送を見ていました。

その時、心理カウンセリングに出会ったと思うじゃないですか~(TT)まだです…

しばらくして元気になった私は、また飛ばしてスピ本を読み始めました。

今度は、越智啓子さんとか、ふんわりキラキラの世界ですね♪

そこからがスピ本私の暗黒時代に入ります!!

子どもが生まれて、家族のために必要な実用書だけ読む時代です。

これも訳があったのですが、今回は盛り込み過ぎになるので割愛します。

暗黒時代は5年続きました。

すると、ママ友にリーディングや霊感の強い人、悟ったの?というような人たちが現れ始めたのです。

私のスピ愛が、本が無理なら生活の中にスピ要素を入れてくれたのでしょうか?
守護霊守護神さまの取り計らいでしょうか?

好きな本を禁止していることを聞いて、何やってるの!?お母さんが好きなことしないでどうするのよ!と
励まされて、スピ本復活しました。

復活の一冊目は"日月神示"だったか、"アミ小さな宇宙人"だったか…船井幸雄さんのことを何で知ったのか覚えてないけど、それからは怒濤のごとく読みまくり♪

何が書きたいのか分からないですよね、盛り込み過ぎました。ごめんあそばせ(__)

とにかく、導かれてました~(^^)おわり。