読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

極最近の私

8月末は自分の変化の波が激しくて、以前のプロセスを振り返って文章にする余裕がありませんでした。

このところ私がやっていたことをお伝えしてみます。

本当に感覚や直感の世界です。

春から、いろんな方が私にお話ししてきました。

これ、強調しますね、全て自分の側面と捉えています。
自分同士が話し合って高め合うと言いますか、統合と言えばカッコ良くなっちゃうけれど、そんなことをやっているのです。

直感を「です。」や「ます。」、「だょ。」などで終わるようなかっちりした文にして話していきました。
たまには「へぇ…」もあります。

初めは主にかわいい子ども的な存在でした。
私も子どもになったつもりであったり、母のようになったりして接していました。

真剣にやらないと、別のいたずらっ子との遊びの会話になったりして…
でも、その子のことも真剣に向き合うと解決します。
その子は育ちます。

それからも、自分の知らない側面とお話しして行き続けました。

うっとおしい存在もいます。
そういう方を、退けていても去って行かれたりしないのですね。

向き合って本音を話していくことで理解が進み、やり取りが終わりました。

うっとおし過ぎる時は保留しておいて、話せるときに本気で話しました。

保留している間はその時聞きたい音楽を聞いて歌ったりもしましたね~♪

心理学を学ぶ場でも、その時膠着していたら、それを題材にカウンセリングを受けました。

事実をありのままに伝えることがポイントでした。

感覚が頼りです。事実を言うとほっとします。
腑に落ちるとも表現出来るかもしれません。

事実が認めにくいこともありました。
言ってみて、ほっとするけど…え~!Σ( ̄□ ̄;)
的な時もあるのです。
何しろ今まで持ち越していた課題であったりするのです。

合間で感情処理をしたりもします。
体の感覚が高まったらやってみるのです。
感情は、蓋をして溜めておいて消えることは無いのでチャンスがある度に解放(処理)して行きました。

そうして、極最近は自分の男性性と女性性の話し合いでした。

今も続行しているのだと思います。

一息ついたので、私の場合の紹介でした。

広告を非表示にする