読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

昨年末からの(?)でっかい課題その1

今日は、でっかい課題が終わった気分(^^)

それはもう、出産くらい。

やりましたっ(゜∇^d)!!

昨年末、我が家には不穏な空気が流れとったのです。

それは私が、もう社会の風潮に付いていくのが完全に無理になったことの現れ。

それに(人のせいにしてる訳じゃないよ)女性の集合意識がこれ以上抑圧されていることが無理になったことの現れが乗っかって、やや大袈裟になったようなカンジでした。

兎に角、夫の発言や態度が全部操作のように思えて、そして私の尊厳が守られていない気がして、堪えられなくなったのです。

夫のせいだけでは無いことも分かっているのです。
突然ですけど、戦国時代の辛い感じもよみがえったか乗っかっていました。

思い詰めてしまって、というか…
自分の解放されたい勢いがスゴすぎて、年末に一回離婚を申し込みました。

それで、すんなり行かなかったので、調整していくことになって行きました。

意味も分からないくらい、夫が離婚できないっ!!と頑なでした。

私も思い留まるつもりはありませんでした。

何回も話をしました。(文にすると一行ですけど、大変でした。)

いっぱい取り決めをしたり、要望を出したりして、それはドラマの契約妻状態(-_-)私たちが先ですよ。
そして、他人目にはめちゃめちゃ私に有利な条件ばかりでした。

守られなかった場合は弁護士を入れるってことで。

それでも全然納得いかなくて、感情的に説得したり、冷たくしたり、気分は「なんでやねんっ!」でした。

夫も戦国時代の家臣みたいになって堪えるので、ラチがあかないのです。

それでもその状態でノロノロしていたのは、この話し合いは聞かせていなかった子どもが、何か明るくなったからでした。

だから最適な家族の状態を(条件を)慎重に探ってみる気になりました。

自分を大事にする決心が子どもに良い影響を与えていたのですね。

文にすると、本当に当たり前感いっぱいで普通になってますよね。

もう、修羅場だったんですよ~。本当にこの段階が長くて辛かったので一旦休みます。 続きます。