読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

【最重要】

春からいろんな意識体とお話し(電話機の無い電話のような通信)するうちに、
9月は未来の意識体とお話しすることが重なるようになっています。

相手は多次元のご縁のある意識体たちで、1ヶ月とか1日だけの未来です。
自分だと、3年後っていうのもありました。
(内容はとっても他愛ない学生のお喋りみたいなものです。)

その意識体と話していて、通信が一旦停止する時があるのです。
昔のレコードの針が進まないで繰り返しになるみたいな、CDやDVDでも傷等でありますか…そんな風にです。
それは、私の頭が( ・◇・)?それって…と思考に偏り過去のデーターにアクセスしている時でした。

先の会話を楽しみたい時は、過去データ検索を止めて頭をまっすぐしてみます。
すると、止まった所から始まります。
希望していたら、TV番組のCM明けみたいにちょっと戻ってくれたりします。(^^)

昔、中心道の先生が姿勢で思考が変わるって言ってらした気がします。

・前のめりは過去のくよくよ等、

・まっすぐは今、(事実、現実)



別の心理の先生に感情にも時制があると、習ったことがあります。
分かりやすく、ズバッといきます。(あ、何かエネルギーみなぎってきたので文がそんなカンジになっちゃいます)

・悲しみは、過去

・怒り、喜びは、今

・怖さは、未来

怖さは生命の危険に関することで出るので、
未来よりそちら由来の方が馴染みがあるでしょう。

後ろに反り返っている時は、未来への怖さで何かを操作しようとしているのかもしれませんね。

9月に入っての経験で、それら習ったことに納得がいってきました。



ということは、ワクワクするっていうのは、今のことである嬉しさと、
ちょっとだけ未来、未知の世界に出る怖さの合わさったものですかね~♪

私らしく、もうちょっと書き足すと…
不安っていうのは、過去のデータにもとづいているので、過去の出来事による悲しみを処理することが先決ですょ。

何でこんなにしつこく書くかと言うと、悲しみが処理できたとき、過去の出来事が終わって、今にアクセスします。
そして、今の感情である、怒りが出てきます。
怖さや悲しみが出た後は、尊厳を侵されたという怒りが出ます。
これは、日本人が嫌いな八つ当たりやイライラやいつまでも終わらない説教みたいなものとは違います。

その後出るのが
純粋な生きるエネルギー、前に進む力です。


誰でも不安にサヨナラしてウキウキワクワクになれます\(^o^)/


意識の方向性を自分で操作するという言い方は傲慢に聞こえるかもと思うのですが、
ちょっと気付いた時に
姿勢とか思考を
楽しい方へやりたい方へ持っていく、
ちっちゃな調節も出来ますし、

過去の出来事を終わらせて、ドンっと思考の引力を変えることもできるのです。

そうして、私も日々そうやって過ごして、興味が向く方法を使っています。



広告を非表示にする