読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

思い込みの鍵と鍵穴

前にも、恋愛は思い込みが似た人とするんだよ


という話しをしました。


そんな人が


魅力的に見えたり親近感が湧いたりするのです。


思い込みは価値観と言える部分もあります。






街頭アンケートとかでも


お別れの理由は、


価値観が違ったから


なんてことが多いですから


感覚はお分り頂けると思います。


この価値観はざっくり言うと其々の常識です。






でも、


本人も気付かない深い所の思い込みが似ていて


恋に落ちているのでね…


思い込みが他人目に見て


それはおかしいんちゃう?って


ツッコミがいがあるものなら


思い込みが合っているからこそ


うまくいかないというか、揉めるのです。







これが、恋愛だけでなく


他の人間関係にもあてはまります。


まわりにいる人の中で


どうしてあの人と揉めるのだろう


どうして私はターゲットになってるの?という時。


自分の思い込みをほどいてしまえば


その人の許せない発言や行動も


次からスルーして気にならなくなって


やっかいな関係がうまれないように


なっていくことが出来るのです。







そんな風にならなきゃならないって話しでは


ないですよ^ ^


そんな世界があるって話しです。





ならなきゃ的に受け止めるのも


なにか思い込みがあるのかもしれません。






昔の体験から


生きていくために


自分なりの生き残るための掟を作っている。




それをここでは思い込みと呼んでいます。




幼い時に作っているから


今の自分からしても


それはおかしいんちゃう?


だったりするんだけど





ほどけるまでは


はまりこんでるし


掟が見えない、わからない


言葉を自在に話す前の決め事で言葉に出来にくい


そんなものだったりします。






幼い時に作った思い込みも


ほどくためには


その時抑圧した感情を感じることから始めます。






またまた感じる話しになりました~

感じることに抵抗があるから


傷ついたりストレスになったりするのでね~






昔なら


泣いたり怖がったり腹が立ったりすることは


人格者って呼ばれる人は抑えてたイメージだけど。


それは旧地球の偉い大人。


私はそんな人に憧れて、どエライことに


なっていってた。






泣いたり怖がったり腹が立ったり喜んだり


これが人類の素晴らしいところだったんだ~





感じることを許可して


ただ感じれば他人に悪影響は無い…




抵抗を超えていこう。

広告を非表示にする