読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

パートナーだから許せないのです

パートナーにイラっとする時ありますよね。


私たちは、普段あらゆることに


小さな我慢をしながら暮らしていますから、


気付いて思いやってくれなかった〜


とかいうことでイラっとする事も


多いです。




この小さなイライラ


口に出すと、ちっちゃい奴と思われるし


口に出せなくて無口になっちゃうようなの


例えば、後片付け一緒にしない


とか


車中で渋滞中に寝ちゃう


とか


いいけど目配せで了承とってから決めたら


とかキリが無いです。




重要なパートナーだから特に


存在を尊重して欲しいって気持ちが


ありますよね〜。


少々の依存はありますとも、そりゃぁ。


日本だとビジネスパートナーとも


こんなのが無いと上手くいかないでしょう。




自分を尊重して欲しい。


その気持ちが叶えられないと


悲しいです。


それが素直に出せないと


イライラとなって現れるんですよ。


(尊厳が守られてないと感じた時は更に怒りもでます。)





イライラは


素直に目の前で悲しみに浸るのが一番。


そこで目配せして〜って


大切に思ってることをいちいち分かりたいの


と恥ずかしいを超えてみるのも、イイ。


(踏みつけられた気になる時は、先に怒りを静かに感じてみて。)






このくらいの事なら良いのですが‥


長くパートナーをやっていると






何故だか自分が背負わされている


本音で納得いかない


ポリシー、


例えば


自分の家特有の固定観念


みたいなもの、または


社会で(職場で)強いられていること、


これを分かち合って


一緒に実行してくれないと


相手にイラっ‥とかを越して


許せない、なじる、無視する


又はそんなことをしたい自分を抑えて


パートナーに対して演技で行動する


ことになってしまったりするのです。





ヤバいですよ、これは


パートナーのうち


どちらかが


鬱になるまで続く可能性大!です。





これね〜


抑えて望ましい行動をとっても、いわゆる


高尚な人間になるのは無理なんです。


本音に逆らうことを強いると


怒りや怖さや悲しい感情は


人間なら必ず発生するもので。






大切なパートナーということ


大好きなパートナーということを


証明する為に許せなきゃいけない


とか思っても


無理ですのでね。


どんどん抑圧しちゃいますから。


発生した感情は


感じるまで消えないですからね。




感じていくとともに


自分が自分に強いていることを見直して


背負わなくていい


強いなくていい


と分かった後に


自分の行動を選択する必要がありますね。