読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8embody of love8のブログ

自分を愛するということ、自分を信じるということ、自分の宇宙に住むこと

節分にまつわる手放す話し



今日は節分ですね(^^)


おにはそと〜

ふくはうち〜と

ちっちゃな子どもたちがやってるのは

かわいいですね。









うーん、でもね、

観念を外して

善悪から解放されて

自分の本当の声を聞いて生きることと






おにはそと

ふくはうち

とやることは(心の中で本気でやること)

相反すると思いませんか?
















善悪でも

嫌いな相手と自分でも

おにとふくでも










作っているのは
観念です。






観念…思い込み

同じです。





観念=思い込み














善悪の場合

観念は見つかりやすいです。

そして、その観念

外すのか

外さないのか

選んで













外す時は

観念を手放す。













その観念持っていたらいけない

こんな風に考えたらいけない

と無理をするのではありません。














こんな事考えたらダメだ!

というのは

引き寄せているのと同じで

それにエネルギーを使ってしまってますね。









手放すって何をやるかというと
















あ、観念だ思い込みだ

と気づいて

それにまつわる

抑圧していた感情を

味わうのです。






そうすると

忘れてしまうので

どっかいっちゃいます。














抑圧していた感情は

傷ついたな〜あの時

というところにあります。

(これも思い返すかどうかは自分で選びます)

















嫌いな相手(おに)というのは

自分があんな事したらダメ

と禁止している事を

やっちゃってる人









何を自分に強いているのか

気づいていって










結構そのタイプの人間っているな

やっちゃってもそんなに

恐いことにならないのかも…
















恐いことって思ってたのは

本当は

お母さんの怒った顔やガッカリした顔

だったのかも…








という風に

傷つきポイントに帰り

感情を味わうか












ま、いっか


どうでも良くなるか











この観念は手放すわけにはいかない













と、手放しするかどうかを選びます。


















この話しを書こうと思ったのは

今日午前中

やたらと過去のことが思い出されて

もやもやもやもや

したからです。










あと、手放してって言葉はよく見るけど、

どうやって?と思う方がいらっしゃるだろう

と思いまして。













今日午前中はボイドタイムで、

結構影響うけるな、と感じました。

(ボイドタイムについては、月が他の天体とアスペクトを成さないので月のエネルギーが届かないとか…魔の時とか…会議がまとまらんとか…調べてもわかりきらんです。)
ま、これは単なる余談です。









というわけで

節分からの

手放す話しでした。